ひすいの種類―うそのひすいは詐欺を働きます

(1)真珠や宝石のひすいは証明書の雲霧の陰を鑑定して、密かに人(物)を変え他人を騙して接ぎ木をしたことがあって、複製したクローンがあって、1つの“団体の身分証”のを使いがまだあります;(2)ひすいの指輪は匹に署名して英文の字母あるいは漢語ピンインを表示して、いいえ規格によって名称、成分、含有量と特殊な技術処理(を表示しだして消費者が真珠や宝石の知識を知らないをの欺きます…

(1)真珠や宝石のひすいは証明書の雲霧の陰を鑑定して、密かに人(物)を変え他人を騙して接ぎ木をしたことがあって、複製したクローンがあって、1つの“団体の身分証”のを使いがまだあります;(2)ひすいの指輪は匹に署名して英文の字母あるいは漢語ピンインを表示して、いいえ規格によって名称、成分、含有量と特殊な技術処理(を表示しだして消費者が真珠や宝石の知識を知らないをの欺いて、わざと人を)が見て分からなくさせます;(3)人造で天然の真珠や宝石は偽物を本物と偽って、明らかに人工の製造のが明示しないのが人造だです;(4)ひすいの玉のアクセサリーの邪道は続々と出て、よくあるは下敷きを染色して、穴埋めして、手法を下に敷いて、かき集めます。(5)“クリスタルガラス”で水晶に成り済まして、“ハンカチの石を頼む”でサファイアに成り済まして、“馬玉”でひすいに成り済まして、“合成の金剛砂”でひすいに成り済まします;(6)人工の酸洗いを経る、ろうを付ける、色のひすいを作って天然a商品に成り済ます;(7)ひすいの価格は計画がなくて、思うままに原価のそれから偽りの割り引きを高く持ち上げて市場をかき乱して、穴は消費者をだまします;(8)ひすいの指輪は重く量をピンはねすると語って、国家は規定をはかって、ひすいの小数が切り上げるのは四捨五入するのではなくて、9会って1入るので、不法な行商人の利用は象眼して成型して、顧客は計算しにくくて、19.8分をようです、甚だしきに至っては19.7分、19.6分にすべて表示して、は20分など実は1グラム重いがの数(何)百元の上で千元、多いがの少ない;

(9)成型するペンダントを象眼して正確に測ってとあずまやの深い比率の具体的な数値に比べて幅を発表しにくくて、一部の商店の玉は隙を測定して、“完璧で、優良品質”に総称してゆらゆらしに来ます消費者;(10)勝手に誇張して売り手の概念をはでに宣伝するのを宣伝して、消費者騙されます。