ランゲ:エルベ川の上の青い奇跡

エルベ川の上でそびえ立つあの百年の古い橋、名は“青い奇跡”(BlauesWunder)を言って、ドレスデンの不可欠な1か所の歴史の地面水平標識です。

青い奇跡の大橋、ドレスデン  撮影:パンの威(さん)

1891年9月1日に作られて、竣工して1893年7月15日にの鉄の橋の“青い奇跡”、長い280メートル、幅の12メートル、高い24メートル、金属の重い3、500トン、エルベ川の上の第5本の橋です。疑いをはさむ必要がなくて、それはドイツが史の上の一大の一里塚を建てるので、ドイツが有史以来唯一で天災人災に遭っていないになっていませんて、改築を経ていないで、依然として完全な1基の古い橋を保存して、人々はそれを“青い奇跡”と呼んで、名実ともに備わります.

19世紀末、エルベ川の岸の左側のポーラ斯維茨居住区(Blasewitz)別荘は林立します。そこの富貴なのは人は回り道をしないで川を渡りを望んで、向こう岸のルーマニア施維策商業貿易区(Roschwitz)のイベントに行って、コミュニティに申請を手渡して、資金を集めて橋をつくりを求めて、しかし資金はぐずぐずして所定の位置につきません。ここ10年を向こうへ行って、結局は商業の需要がやっとプロジェクトを通したためです。http://www.swisscopy2016.top/

建築士のクラウス.柯が(ClausKoepckeが普遍的で、1831―1911)は木の骨格の建築の風格の影響を受けて、霊感は度を過ごして、3を鎖状構造に削って橋からだの設計に用います。最も感嘆させられて、彼が橋脚を設けないので、の使う木の骨格の原理のために、作り上げて4つの支える3丁番の構造を持ちます。建築士のクラウス.柯が普遍的で世界の橋を建てる史の上の百年の奇跡を創造することができて、ドレスデンに1つの取って代わるべきものがない文化の地面水平標識をも残しておきまし