オリスの全く新しいOrisBigCrownが大きくて冠X1時間単位の計算のストップ・ウオッチを表します

1947年10月14日、超音速飛行機BellX1、初めて手動で運転して音速障壁を突破して、書き込んで航行する歴史を飛びます。ベルX―1、もと通し番号XS―1、第1機の運転する人がいる超音速飛行機で、NACAと米国の陸軍航空チームから共に開発します。それはいわゆる「X」シリーズの材料試験機の中の第1機です。「X」シリーズの材料試験機は米国が先端技術の材料試験機計画をテストするのに用いるので、対外高く秘密にします。946年3月16日、米国陸軍の航空のチーム試験飛行チームと米国国家航空諮問委員会(NACA、現在NASA)とベル会社のために3つのXS―1(「XS」が「超音速の材料試験機」の略語のため)を建築する契約を締結して、はNACAが高い亜音速飛行のデータを米国の陸軍航空チームは使用のこれらの飛行機が獲得するでしょうとと関係があります。XS―1は第1機の専門研究のために建築する高速飛行機で、これまで大きいスケール生産がありません。
 
1946年1月25日、フロリダ州にあるPinecastle空軍基地の一回の滑翔の中で、ベル会社の首席のテストパイロットJackWoolamsは第1位XS―1のパイロットになりました。1946年3月前にWoolamsはまた9回の滑翔を完成して、この後で、XS―1はベル会社を返すに改善させられて、改善した後にそれがカリフォルニア州でエドワードは今空軍基地だを行って動力の飛行があります。1946年8月30日のWoolams命を捧げる後で、Chalmlers「Slick」Goodlinはベル会社X―1―1の首席のテストパイロットになりました。1946年9月~1947年6月この時間の中に、彼が2つのX―1を運転して26回行った動力の飛行があります。米国の陸軍航空チームはベル会社の緩慢な進展に対してとても不満で、そこでベル会社から試験飛行して通し番号46―062のX―1の契約キャンセルしに来ます。何ヶ月での交渉の後で、最後に米国陸軍の航空のチーム試験飛行チームから1947年6月24日に試験飛行するのを決定します。X―1―2(通し番号の46―063)はNACAに接収管理させられて、今後の生産型高性能の飛行機のためにデータを提供します。