BVLGARIブルガリのローマの映画の芸術展真珠や宝石の巨匠から繆まで(に)この女神

BVLGARIブルガリのローマの映画の芸術展は北京SKP中庭の盛大な開会に、イタリアの真珠や宝石の代々の名門のブルガリは骨董の真珠や宝石の優雅な魅力と精巧な技術を隠しても同時に展示するでしょうを抵当に入れます。2016年から4月18日~5月1日、30数件30年代から今まで異なる時期のめったにない真珠や宝石の臻の品物多い映画界の巨星の感動させる瞬間と共に展示して、全部ブルガリとローマと映画の源が現れるのを。今回の芸術展の上の臻の品物はブルガリの世界に名をとどろかす地位を出しを明らかに示すだけではなくて、イタリアのホール級のブランドの感動させる歴史としてブルガリをも目撃証言しました。この回のきらきら光る真珠や宝石の旅も持ちを私達は夢のようだ変化する“幸せな生活”の時代のようだ復習します。

BVLGARIブルガリのローマの映画の芸術展

1884年、技術が完璧なギリシアの金銀細工師SotirioBulgariはイタリアに来て、ローマで彼の第1社の宝石店を開いて、この便はブルガリのすばらしくて伝奇的な始まりです。彼は思い切って伝統設計の境界線に挑戦して、また商業の頭に富を極めます。彼はローマ国際客量からだに来るためにアクセサリを製造して、新しいギリシアの風格がまだプラチナの金あるいはダイヤモンドの材質の高級な真珠や宝石だであろうと、彼がすべて処理するのが適切で、そのためもブルガリのローマで発展したきらめく道を開きました。30年代の初めに、ブルガリはすでに映画スター、名門の名家、企業家と商業の有力者達設計の真珠や宝石のため有名な真珠や宝石のブランド、でした。1949年、米国の映画スターのリンダ・クリスティーヌ(LindaChristian)と泰隆・鮑華(TyronePower)のローマの開催の結婚式、これが現実的だ中の童話のストーリは全世界のテレビのメディアと娯楽の記者達に合い争って報道するように引き起こします。その時、彼らはブルガリの婚姻を選んでこの重要な式典の目撃証言としてやめて、ブルガリの地位ここから普通ではない。